クレジットとキャッシングの違いについて

キャッシングと、クレジットカードは、双方ともお金にかかわる金融会社のサービスの一種です。クレジットカード会社は、カードを発行した顧客が買い物をする時に、限度額までの金額を代わりに支払います。キャッシングとは、現金の融資をしてくれる金融サービスであり、サービスを使う状況がそれぞれ違っています。わざわざ現金を持ち歩かずとも、クレジットカードがあれば、ショッピングや外食などのサービスを利用することができます。多くの人が日常的にクレジットカードを使うようになり、カード決済はよく見かける景色になりました。クレジットカードは、カードが使える店でなければ用いることができませんが、キャッシングは借りたお金で買い物などをするので、どの店舗でも買い物ができます。クレジット会社は、カードを利用された分の支払いを肩代わりしていて、1カ月ごとにカード利用金額としてお金を請求してきます。キャッシングも専用のカードが必要ですので、まずは金融会社にキャッシング利用の申込みをします。キャッシングカードを受け取ったら、限度額までの金額を、提携ATMで引き出せるようになります。融資金の受け取り方法には、事前に銀行口座を指定して、振り込みをしてもらうというものもあります。返済時の利息は、キャッシングは一括払いにすれば利息がつかず、キャッシングは1日ごとに金利に基づく利息が加算されていきます。状況によって、キャッシングと、クレジットカードのどちらが使いやすいかは違いますので、それぞれの特徴を踏まえて賢く使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です